男女の産み分けゼリーって、副作用はないの?

ベイビーサポートは、ボーイとガール二種類のゼリーを各々使用することで、

男女いずれかの産み分けサポートができます。

その原理としては、ボーイのゼリーが膣内をアルカリ性に変えることで、

男の子になるY染色体を活性化させ、男の子が産まれる確率が上がります。

逆にガールのゼリーは膣内を酸性に変えることで、

X精子を優位にし女の子を授かる確率を上げるのです。

 

基本的に受精前後の一時期だけ膣内のph値を傾けるだけです。

そのため体に負担になる事もありませんし、もちろん副作用の報告もありません。

ただしその成功率が100%になることはありません。

当然使う事で確率はあがるのですが、高くても80%の確率だそうです。

(ベイビーサポート使用の確率ではなく、科学的の方法を使った産み分けの場合です)

 

もし、それでも「大丈夫なの?」と思われる方は、公式ホームページをご覧ください。

安全性の事も含めて、様々な情報が掲載されていますよ。

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です