ベイビーサポートって産み分けが叶うの?産み分けの確率も知りたい

ベイビーサポートは男女の産み分けをサポートするゼリーです。

世の中には色々な産み分け方法があるようですが、

その成功率については、どうもあやふやです。

 

今ネットで産み分けを検索すると、「食生活で体質改善」、「中国伝来のカレンダー使用方法」

「子授けの神社」等などあやしいものもあるのですが、

科学的な裏付けがあるものも紹介されています。

 

しかしこれだけの方法があっても、産み分けを100%成功させる方法はありません。

もっとも、100%の成功率がある方法が発見されているのであれば、

これほど多くの産み分けの情報は氾濫する事もはないでしょう。

ではベイビーサポートの確率、成功率はどのくらいあるのでしょうか?

 

残念ながらベイビーサポートでの統計はないのですが、

科学的方法を用いた場合の成功率は

男の子を希望した場合 8090% 女の子を希望した場合 7580

と一般的には言われています。

 

また安全性についても気になる所ですが、ベイビーサポートの産み分け方法は、

膣内をアルカリ性か酸性のどちらかに偏らせ、選択的に精子を残し産み分け成功率を

アップさせる方法です。

基本的に過度に偏らせる訳ではなく、体の傾向に合わせた使用方法です。

また、製品の安全性については非常に気を配っていて、

特に製造ラインは手術室と同じ基準の清潔度を維持管理しているそうです。

 

ベイビーサポートの使用方法はそのタイミングがポイントになります。

使用するタイミングは、男の子、女の子望む方によって変わります。

しかし、実はそのタイミングは排卵日の前か?後か?どちらも排卵日が基準なのです。

ベイビーサポートの産み分けの成功のポイントは、排卵日を正確に把握することなのです。

使用方法を具体的に見て行きましょう

 

ベイビーサポートにはボーイとガールがあります。

●ベイビーサポートボーイは男の子希望の場合に使用します

使用方法としては、排卵日当日。排卵日当日は膣内の酸性値が低くなり、

アルカリ性に傾きます、その環境にベイビーサポートボーイをプラスすると、

男の子になるY精子を助けます。この結果男の子が産まれる確率が高くなるのです。

 

●ベイビーサポートガールは女の子希望の場合に使用します

使用する日は、排卵日の2日前です。

排卵日2日前の膣内は、まだアルカリ性粘液の分泌が少く、

この環境にゼリーを投入し膣内をより酸性に傾けます。

男の子になるY精子は酸性の環境に弱く、女の子になるX精子が残る確率が高くなります。

これで女の子の産まれる確率を上げるのです。

このようにベイビーサポートの産み分け方法は、それほど複雑なものではありません。

 

また産み分けのサポートは、一部のクリニックでも行っています。

コストは一回の検査や処方に数千円程度かかると言われています。

思ったより高くないと思われるかもしれません。

ただ、産み分けサポートを行っているクリニックへ行こうとしたら、

まずそのクリニックを探すことから始めなければなりません。

また上手く見つけたとしても、近くないと行きづらいですし、

もともと通っていた人でないとお断りだったり、結構ハードルが高い可能性があります。

 

ただクリニックのエコーなどを使った検査は、

もっとも高い精度で排卵日を確定してくれるようです。

ベイビーサポートを使う事で、男女の産み分け確率をアップさせる事が可能です。

もし興味を持たれたのなら、ぜひ公式ホームページをチェックしてみてください。

より詳しい情報が掲載されていますよ。

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<
あわせて読みたいおススメ記事

産み分けの確率について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です