男の子が欲しい?女の子が良い?狙った性別の子を生むにはベイビーサポート


>>男の子が欲しい、女の子が欲しい【ベイビーサポート】公式ホームページ<<

簡単には増やせない子供、性別が選べるなら選びたい?

一姫二太郎という言葉があるように、子供の性別を選びたいという考えや、理想の男女比というものはいつの時代にもあります。

実際「こんな事をすると男の子が生まれやすい」とか「この人は女の子が生まれやすい遺伝子だ」などといったどの性別の子供が生まれやすいかを傾向付ける噂は色々と存在しています。

子供の性別を選ぶ、という事は実は不可能では無く、ある程度どの性別が生まれやすいのかということを調べる事もできます。

自然に妊娠したとして、人間の男女比は100:105だと言われています。

これは男の子の方が産まれる際に病気になりやすく、そのため男の子の方が少し産まれやすいようになっているとの事。

少々生物学的な話となりますが、まず精子にも種類が存在します。

それがX染色体という細胞を持ったX染色体精子と、Y染色体を持ったY染色体精子です。

X染色体精子が卵子と結合するとXX染色体となり男の子が生まれます。逆にY染色体精子が卵子と結合すると、XY染色体になり女の子が生まれます。

精子の割合としてはX染色体の方が多く、Y染色体の方が少ないとなっています。

しかし膣内は基本酸性で、X染色体は酸性に弱くY染色体は酸性に強いという特徴から、子供の男女比は5割になっているのです。

つまり、卵子に着底する精子の種類さえ固定できれば、男の子と女の子の好きな方を選べます。

人によって精子の種類に偏りがあったりもするので、その人は女の子を作りやすい、男の子を作りやすいということもあるようです。

また、日本では未だは一般的とは言えませんが、海外。特に欧州では産み分けは一般的な事として知られています。

ベイビーサポートの効果とは?

ベイビーサポートは産み分けゼリーと呼ばれるもので、文字通りゼリーを膣内へと挿入し、注入して摂取します。

ちなみにすべて純国産で成分も天然由来成分100%の安心設計です。

衛生面を考慮して一回使い切りタイプなので、同じ注射器を使いまわす必要もありません。

産婦人科医の池上明氏によると、産み分け成功確率は「女の子なら75%から80%」で「男の子なら80%から90%」とのこと。

100%確実にこの性別の子供が産まれる!というわけにはいきませんが、それでもほぼ半々のところを7割から9割まで高めることができるのであれば、十分有用だと言えるでしょう。

ただ、失敗する可能性があるということは覚えておきましょう。

ちなみに公式サイトから購入した場合、妊娠が確定して余った残りのベイビーサポートは買い取りサービスで一本1000円で買い取ってもらえます。

ただし買取サービスには公式サイトから購入したという明細が必要なので、注意しましょう。

ベイビーサポートは安全?

いざ利用しようにも、直接口にするのなら兎も角膣内に注入するとなると少し抵抗がある方も居るでしょう。

そこでベイビーサポートの安全性について解説していきましょう。

まず、国内産産み分けゼリーでメジャーなのは3つあります。1つがお医者さんに勧められる「ピンクゼリー」というもの。そしてもう1つは「ハローベビーゼリー」というもの。

この3つを安全性の面で比べると、まずピンクゼリーは使用前に湯煎し、ゼリーを吸い出して使用する必要があるため、必然的に注射器を使いまわす必要があります。

いくら清潔に洗えばいいとはいえ、衛生面に不安が残りますね。

そしてハローベビーゼリーは、ベイビーサポートと同様使い切りタイプで衛生面にも配慮していますが、防腐剤となる成分が含まれていません。

ベイビーサポートの方は防腐剤効果のある成分「メチルパラベン」を配合しています。

オーガニックに拘る人にとっては敬遠されがちですが、メチルパラベンが体調不良や障害を引き起こすという科学的根拠は存在しないので、安全だと言えます。

防腐剤がなければ雑菌が繁殖する可能性もあるため、オーガニックに拘るか雑菌のリスクを避けるかを選びましょう。

内容量もそれぞれ異なっていて、ピンクゼリーは一回におよそ34mlが適量とされ、ハローベビーゼリーは一回に1.6mlと少量。

最も多いのがベイビーサポートで、内容量は「4.5ml」です。

これは日本人女性の膣内容量に適した内容量であるとされ、実際ハローベビーゼリーでは少なすぎて2本使用しないといけない、といった声もあります。

このように、他の産み分けゼリーと比べても安全性に問題は無いといえるでしょう。

産み分けゼリー「ベイビーサポート」を使う事について

以上、狙った性別の子供を生むための産み分けゼリー「ベイビーサポート」について紹介しました。

しかし、これを利用しても確実に狙った性別の子供が産まれるとは限りません。少子化問題だけでは無く、家庭環境問題も騒がれる昨今。狙った性別じゃなかった、なんて理由で生まれた子供を愛さないなんてことはあってはなりません。

例え、希望した性別で無くともちゃんと愛情をもって育ててあげましょう。貴女の伴侶の血を継いだ大切な家族なのですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする