効果はあるの?ベイビーサポートの産み分け成功率

評判の高い産み分けゼリーの「ベイビーサポート」。

>>ベイビーサポート<<

その評判の理由は産み分け成功率が高いから?今回はベイビーサポートの産み分け成功率について解説していきます。

ベイビーサポートって何?

まずはベイビーサポートについて軽く説明から。

ベイビーサポートは産み分けゼリーと呼ばれているもので、生まれてくる子供の性別をある程度選択することができるようになります。

ただし、性交前に使用するという関係上、妊娠してから性別を決めるということはできません。

ベイビーサポートは一回使い切りタイプで、容器も個別に分かれているため、容器を使い回すタイプの産み分けゼリーよりも衛生的で、かつ効果のある成分を多く含んでいます。

一回の利用で注入するゼリーの量が多いため、効果を実感しやすいという意見もあります。

産み分けゼリーは絶対に成功するわけではない

上記にある程度と書いたように、産み分けゼリーを利用しても必ず子供の性別がどちらか一方に決定するわけではありません。

あくまでほぼ半々な産み分け確率をどちらか一方に寄せるというだけです。

これはベイビーサポートも同じで、利用したからといっても100%産み分けられるわけではありません。

そして、妊娠しない限り性交前に使用しなければならないため、一回使えば終わりというわけでもありませんので注意しましょう。

>>ベイビーサポート<<

ベイビーサポートの産み分け成功率は?

では実際にベイビーサポートを利用した際の産み分け成功率を見ていきましょう。

まず、何も使わない状態で生まれてくる子供の性別は、僅かに男児の方が産まれやすいとされています。

これは男児の方が病気などになりやすいため、数を増やして生存数を増やすという生物的な理由からです。

そのため、ベイビーサポートを利用する際も男児用のゼリーの方が効果が高くなります。

ベイビーサポートを利用した際の産み分け成功率は、男児が80%~90%で、女児は75%~80%になります。

そのため、男児用のベイビーサポートを用いても10%~20%の確率で女の子が産まれ、逆に女児用ベイビーサポートを用いても20%~25%の確率で男の子が産まれます。

とはいえ何もしなければやや男児が産まれやすい程度の五分五分なので、半分以上確率を操作できるようになるというのは十分な効果だと言えるでしょう。

まとめ

以上、ベイビーサポートの産み分け成功率について解説しました。

繰り返すようですが、効果が高いと言われているベイビーサポートでも必ず狙った性別の子供が産まれるとは限りません。

しかし、だからといってその子供を愛さないという理由にはなりません。例え狙った性別でなくとも、産まれた以上は我が子として愛情を持って育てましょう。

>>ベイビーサポート<<