ベイビーサポートはどの程度の確率で失敗する?他の産み分けゼリーと比較

>>ベイビーサポート<<

今や医師が処方することもある程に一般的になった「産み分けゼリー」。

しかし、未だ100%成功する産み分けゼリーは存在していません。産み分けゼリーの中でも特に成功確率が高いと言われるベイビーサポートは、どの程度の確率で失敗するのでしょうか?

産み分けゼリーとは

そもそも産み分けゼリーって何?どうやって産み分けるの?というお話からしましょう。

産み分けゼリーとは、性交前に使用することで膣内の「ph値」を調整し、どちらかの性別の子供が産まれるかを産み分けることができるようになるゼリーのことです。

どうやって子供を産み分けるのか?

その仕組は、この「ph値」が関係します。ph値、小学校の理科の授業でも習うアルカリ性と酸性のどちらかを示す値です。

子供を宿す際、すなわち受精する際に何が性別を決定づける要素になるのかというと、精子がどの染色体であるかということ。

染色体はXYに分かれており、Y染色体の精子が受精すると男の子が、X染色体の精子が受精することで女の子が産まれます。

そしてこの染色体によって、その精子がどの性質に弱く、強いかということも変わってきます。

X染色体は酸性に強く、アルカリ性に弱い。逆にY染色体はアルカリ性に弱く、酸性に強い。

すなわち、産み分けゼリーによって膣内をアルカリ性にするか、酸性にするかによって希望しない方の精子が受精しないという形で産み分けを行うのです。

その関係上、数億という数の精子の中で受精までたどり着けるのはごく一部という数が更に減ってしまい、受精率がやや低くなってしまうこともあります。

また、あくまで性質を偏らせる程度でしかないため、必ず産み分けが成功するわけでは無いのです。

産み分けゼリーの成功確率と失敗確率

仕組みを理解したところで、実際に産み分けゼリーの確率というものを見ていきましょう。

ベイビーサポートと比較するのは、確率が明記されているハローベビーゼリーです。

まずはベイビーサポートの確率を見ていきましょう。ベイビーサポートはそれぞれ男の子用と女の子用で確率が別々で、男の子用は80から90%の確率で成功し、女の子用は75%から80%の確率で成功します。

そのため、失敗する確率は男の子用なら10から20%、女の子用であれば20から25%程度となります。

平均すると約8割の確率で成功すると言えるでしょう。

それに対してハローベビーゼリーは、全体的な成功確率として、利用者アンケートの結果成功確率は78%と表記されています。

基本的にY染色体の方が多いため、男の子の方が産まれやすく、別々に確率を割り出すと、およそ男の子が80%、女の子が70%程度で成功すると言えるでしょう。

これを見ると、数%の差とはいえベイビーサポートの方が確率が高いと言えますね。

確率は80%前後でも…

以上、ベイビーサポートの確率をハローベビーゼリーと比較して見ていきました。

産み分けゼリーの中でも確率が高いとは言え、確実に産み分けられるというわけではありません。

といっても、様々な事情から産み分けを望まれる場合は確実にあります。ただ、そんな時でも、もし仮に産み分け失敗しても、しっかりと愛情を注いで育ててあげましょう。

なぜなら、赤ちゃんはあなたを選んで産まれてきたのですから。

そして、赤ちゃんのいる生活つらい事だってありますが、それ以上に楽しいことがいっぱいありますよ!