産み分けとは何か?ダントツ人気の産み分けゼリーベイビーサポート

>>ベイビーサポート<<

欲しい性別の子供を狙って妊娠する「産み分け」という概念。古くからそういう考えはあっても、実際に一般に広まっているかといえばそうでもありません。

ここでは産み分けについてと、産み分け方法としてメジャーな産み分けゼリーについて解説します。

産み分けとは何か

まずは産み分けという概念について解説していきます。

世の中には「一姫二太郎」という言葉があるように、産まれてくる子供の性別はこれが良い、あるいはこういうバランスが良いという考えは昔からよくありました。

実際、欧州では産み分けして欲しい性別の子を産むということは一般的なものとして行われていたりもします。

日本ではあまり一般的なものでは無く、概念自体も知らないという方も居ることでしょう。

実際に産み分けする方法は存在しており、その中で最も効果があるメジャーな方法が「産み分けゼリー」です。

産み分けゼリーとは?

産み分けゼリーとは、膣内のph値を調整することで、どちらか片方の染色体精子が受精しにくくするジェルを使い、精子の性質を利用した産み分け方法です。

精子はどれもが同じというわけでは無く、染色体という要素が異なっています。

それがX染色体とY染色体です。この染色体が性別を決定する要素であり、卵子にも染色体が設定されていて、卵子の染色体はX染色体になります。

Y染色体の精子が受精するとYX受精卵となり、男の子が産まれます。逆にX染色体の精子が受精するとXX染色体受精卵となり、女の子が産まれるのです。

そして染色体によって何に強く、何に弱いかが変わってきます。それがph値、アルカリ性と酸性なのです。

例えばY染色体であれば酸性に弱く、アルカリ性に耐性があります。逆にX染色体は酸性に強く、アルカリ性に弱いという風に、真逆の性質を持つのです。

つまり、産み分けゼリーは膣内を酸性・アルカリ性のどちらかに寄せることで、男の子が欲しい場合はアルカリ性にしてX染色体が受精しにくくなるようにする、という仕組みで産み分けを行います。

>>ベイビーサポートの詳細はこちら<<

ベイビーサポートは効果があるの?

では実際にこの産み分けゼリーは効果があるのでしょうか?

産み分けゼリーの中でも人気のあるベイビーサポートは、なんと全体成功率は80%ほど、性別ごとにであれば男の子狙いなら90%、女の子狙いなら80%で成功します。

男の子の方が成功しやすいのは、元々の性質上Y染色体精子の方が多いためでしょう。

成分も天然由来成分のみで構成されており、安心安全に産み分けを行うことができます。

ここまで産み分けと産み分けゼリー「ベイビーサポート」の解説をしてきました。

成功確率は高いとはいうものの、100%必ず産み分けられるとは限りません。もし望んだ性別で無くとも、赤ちゃんはあなたを選んでやってきたのです。しっかりと愛情を注げば、必ずあなたに幸せを運んできます。

でも、男の子が欲しい、女の子が欲しいと望むのは悪い事ではありません。まずは心を広く持って試してみませんか?