ベイビーサポートとピンクゼリーはどちらが良い?産み分けゼリーを徹底比較!

>>ベイビーサポート<<

徐々に産み分けという方法が用いられるようになりましたが、数少ない選択肢の産み分けゼリーのどれを選べばいいかわからないという方も居るでしょう。

今回はベイビーサポートとピンクゼリー、有名な産み分けゼリーを比較します。

ピンクゼリーとはどんなゼリーなの?

まずはピンクゼリーについて解説しましょう。

ピンクゼリーの特徴は、なんといっても産婦人科医との共同開発された管理医療機器認証されている商品であるということ。認証が受けられるまでには政府機関による複雑なプロセスが必要なので、エビデンス(裏付け)のない商品は申請が承認されません。

品質管理が徹底しており、安心安全な産み分けゼリーであると言えるでしょう。

容器に関してはベイビーサポートと同じ、使い捨てタイプで注射器のような注入器でそのままジェルを注入します。

価格は110本入りで「14800円」になります。

2箱セット以上を購入した場合、妊娠して不要になった分を買い取って貰えます。

ベイビーサポートとはどんなゼリーなの?

次にベイビーサポートについて解説していきます。

ベイビーサポートの特徴はその高い成功確率と、含まれている成分が全て天然由来成分だということ。

品質に関しても、実際のジェルの素材以外にも容器や外装にいたるまで全てが日本国内製のものが用いられており、生産環境もISO9001認定という、医療機器基準の環境にて生産されています。

公式サイトにて全成分が公開されていて、14種類全てが天然由来成分です。

産み分けの成功率は、男の子用であれば8090%、女の子用であれば75%~80%です。

価格は1箱辺り13800円、2箱セットで20%引きの「22080円」になります。3箱セットは30%引きになります。

そしてこちらも2箱セット以上を購入し、エコー写真を遅れば買い取りサービスを受けることが可能です。

ただ、こちらはピンクゼリーと異なり1本単位で交換が可能です。もっとも、これはキャンペーンですので、いつ打ち切られるか分かりません。

>>キャンペーン詳細を見てみる<<

ベイビーサポートとピンクゼリーどちらが良いか?

ベイビーサポートとピンクゼリーふたつの産み分けゼリーを比較してみました。クリニックで処方されるのはピンクゼリーですが、色々な事情でクリニックへ通えない人もおられます。そういった方はベイビーサポートがお勧めします。

価格に関してはベイビーサポートの方がやや高いものの、割引サービスが大きいこと、成功確率が高いという事、そして何よりも買取サービスが1本単位で受け付けている事からベイビーサポートの方がおすすめです。

また1箱辺り7本と数は少ないものの、仮に一回で成功した場合。買い取りできない9本が残るピンクゼリーよりも、13本計13000円が返ってくるベイビーサポートの方が良いでしょう。細かく計算すると実はコスパがとても良いのがベイビーサポートなのです。