効果はあるの?ベイビーサポートの産み分け成功率

評判の高い産み分けゼリーの「ベイビーサポート」。

>>ベイビーサポート<<

その評判の理由は産み分け成功率が高いから?今回はベイビーサポートの産み分け成功率について解説していきます。

ベイビーサポートの産み分け成功率は?

実際にベイビーサポートを利用した際の産み分け成功率はどなっているのでしょうか?

まず、何も使わない状態で生まれてくる子供の性別は、僅かに男児の方が産まれやすいとされています。

これは男児の方が病気などになりやすいため、数を増やして生存数を増やすという生物的な理由からです。

そのため、ベイビーサポートを利用する際も男児用のゼリーの方が効果が高くなります。

ベイビーサポートを利用した際の産み分け成功率は、男児が80%~90%で、女児は75%~80%になります。

そのため、男児用のベイビーサポートを用いても10%~20%の確率で女の子が産まれ、逆に女児用ベイビーサポートを用いても20%~25%の確率で男の子が産まれます。

とはいえ何もしなければやや男児が産まれやすい程度の五分五分なので、半分以上確率を操作できるようになるというのは十分な効果だと言えるでしょう。

ベイビーサポートって何?

ベイビーサポートについてちょつと解説してみます

ベイビーサポートは産み分けゼリーと呼ばれているもので、生まれてくる子供の性別をある程度選択することができるようになります。

ただし、性交前に使用するという関係上、妊娠してから性別を決めるということはできません。

ベイビーサポートは一回使い切りタイプで、容器も個別に分かれているため、容器を使い回すタイプの産み分けゼリーよりも衛生的で、かつ効果のある成分を多く含んでいます。

一回の利用で注入するゼリーの量が多いため、効果を実感しやすいという意見もあります。

産み分けゼリーは絶対に成功するわけではない

上記にある程度と書いたように、産み分けゼリーを利用しても必ず子供の性別がどちらか一方に決定するわけではありません。

あくまでほぼ半々な産み分け確率をどちらか一方に寄せるというだけです。

これはベイビーサポートも同じで、利用したからといっても100%産み分けられるわけではありません。

そして、妊娠しない限り性交前に使用しなければならないため、一回使えば終わりというわけでもありませんので注意しましょう。

以上、ベイビーサポートの産み分け成功率について解説しました。

繰り返すようですが、効果が高いと言われているベイビーサポートでも必ず狙った性別の子供が産まれるとは限りません。

しかし、だからといってその子供を愛さないという理由にはなりません。例え狙った性別でなくとも、産まれた以上は我が子として愛情を持って育てましょう。

>>ベイビーサポート<<

ベイビーサポートを比較してみる

ベイビーサポートの他にも産み分けゼリーは存在します。有名なところではピンクゼリーとハローベビーです。これらに対してベイビーサポートの効果や価格などを比較してみました。

まず一番話題に上るピンクゼリーですが、購入する前に登録料5,000円が必要なようです。また使い勝手が良くないという口コミが多いのですが、使用前にゼリーを暖めて溶かす必要があります。またそのゼリーを容器に移してから挿入するという、手間が必要なようです。多分この行程を聞いただけで「めんどくさい」と思われる人も多いでしょう。

そしてハローベビーですが、ピンクゼリーの対抗として発売された産み分けゼリーです。そのため、ピンクゼリーの弱点をクリアしています。事前の準備はなし、注入の容器も使い切りです。そのため、すぐに準備できるから雰囲気を壊しません…と書かれています。ただピンクゼリーよりは価格が高めになっています。

最後にベイビーサポートですが、これはハローベイビーの後から発売されています。そのため、ピンゼリーを越えたハローベイビーの上を求められました。

具体的には、使い勝手はハローベイビーと同等ですが、ゼリーの量を少し増加しているようです。また価格もセット購入した場合は安くなるように設定されています。

ベイビーサポートは、産み分けゼリーとしては後発品なのですが、先行品と比較してみるとそのメリットは最大限に活かされていると思います。

産み分けゼリーの効果も比較してみる

ベイビーサポートは、産み分けゼリーの中でも後発品です。先行しているピンクゼリーやハローベビーとの効果の差はあるのでしょうか?

まず効果の比較ですが、どの程度の成功率か?という部分については、どれも公式サイトで掲載されていません。ただこれに関しては、大きく違いはないだろうと思われます。なぜなら3種とも原理はおなじですし、成分としても特に新しいものはないからです。

ただ、使い勝手と言う意味では効果に差が出る事は間違いありません。ハローベビーのサイトにも書かれているように、すぐに準備できるから雰囲気を壊さない…これは大事な事でしょう。そういった意味では、ピンクゼリーの準備段階で時間がかかると言うのは、効果以前に失敗する可能性すらあるのでは?と思われます。

いくら望んだ事とはいえ、事務的になっては気持ちも萎えてしまいます。これは効果以前の問題でしょう。

そうなると、ハローベビーとベイビーサポートはどちらが効果的か?ということになりますが、正直効果や成功率、失敗する確率は変わらないと思われます。となると、ここはちょっとでもコスパの良い方がおすすめとなります。

ベイビーサポートは、セット購入ならハローベビーより1,000円以上安いですし、余ったら買い取りキャンペーンもついてます。コスパがいいというのは、心理的な満足感もありますし、それは効果にも影響します。

産み分けゼリーで成功した人の口コミを集めた

実際に産み分けゼリーをした人にアンケートを実施しました。

●産み分けをしようと思ったのは、諸事情で男の子が欲しかったからです。クリニックは利用せずに産み分けゼリーで挑戦しました。

当初使い方などわからないことが多く、妊活中のママ友や投稿サイトで情報を集めていました。使用感はとしては、取り立てて抵抗はなかったと思います。

その結果、望んだ男の子が生まれました。5回ほど試しての成功だったので、成功率としては高いのじゃないかと思います。

最初はやっぱり、産み分けなんてどうなの?とも考えましたが、実際に授かってみると男の子が欲しいという気持ちを持ち続けてよかったなあと思っています。

●始めての子どもは、男の子でも女の子でもどちらでもいいと考えていました。

ところが、いろいろ話を聞いていると「始めての子は女の子が育てやすいよ!」とか、

「女の子だと、色々と手伝いや世話をしてくれるからいいよ」という話を聞いて、なんだか女の子いいなぁーと思うようになりました。

そこで、ダメもとで産み分けセリーを使って見る事にしました。使ってみると、なんだかひんやり感はありましたが、それでも特に嫌な感じはなかったです。

で、その効果かどうかは分かりませんが、女の子を授かることができました。

●始めての子が女の子なので、2人目は男の子が欲しいなと…。友人から産み分けゼリーという物があると聞いて、調べると安全だと分かったので、使ってみることにしました。

特にクリニックはいきませんでした。使い方は簡単で、特に痒くなることもなく、問題なしでした。結果的に効果があったようで、男の子をが産まれました。

どうしても産み分けをしたい人には、確実ではありませんが一度使ってみるのもいいかもと思います。でも、男の子女の子どちらが生まれても、ちゃんと育てる自信を持ってからだと思います。

皆さんいろいろ事情があって産み分けを考えられたようです。ただ皆さん共通しているのは、使ってみたら意外に違和感がないということです。その効果については、個人の感想であって、効果を認めるものではないのですが、実際のところあまり実感がないというのが本音のようです。

もっとも体の中の見えないところで起こっている事ですから、実感といっても湧きにくいというのはあるでしょう。

ベイビーサポートの購入はamazonか楽天かそれともフリマアプリ?

ベイビーサポートを購入しようと考えた時、アマゾンや楽天が最初に思いつくでしょう。もちろんそれらのショッピングサイトでも購入できます。

また最近はメルカリやヤフオク、フリルなどのフリマアプリからの購入も可能になっています。ただこれらフリマでの購入は感心できない部分があるのです。

ひとつは販売元が信用できないということ。フリマアプリは個人売買です。なので、保証などは期待できません。一番まずいのは使用期限が曖昧だということ(開封したものは特に注意が必要)と、使用期限内だとしてもその保存状況がわからないということです。

体に直接注入するものですから、その危険度については敏感になるべきだと思います。たった数百円〜数千円の節約で、大事な将来をダメにするのはとてももったいないことだと思います。

そういった意味では、購入先は販売元の公式サイトからの購入が一番確実で安心でしょう。また公式サイトからの購入なら返金キャンペーンの対象となりますから、よりおトクに購入できます。早めに結果が出たら、万単位でお得になる可能性もあります。まずはチェックしてみてください。