産み分けの確率を上げるためのいくつかの方法

ベイビーサポートは男女の産み分けをサポートするゼリーですが、

基本的に産み分け成功率を高めるために行うべき事がいくつかあります。

 

まず基本は、規則正しい排卵をキープすること。

産み分けの成功率を上げるには、排卵日の特定が重要になります。

生理不順では排卵リズムが崩れてしまい特定が難しくなります。

 

ベイビーサポートを使う場合、その使用タイミングがとても大事なポイントです。

排卵日の正確な特定は産み分けの確率アップの鍵となります。

 

排卵リズムが崩れやすい原因として上げられるのは、

・ストレス ・無理なダイエット ・睡眠不足 ・不規則な食生活 ・冷え

とされています。なかでも排卵日が早まる傾向にある人の原因としては、

卵巣機能が低下したり、女性ホルモンのバランスが乱れている場合が考えられます。

そして、排卵日が遅れる傾向にある人は、卵胞の成長が遅かったり、

成長していない可能性が原因だとされています。

 

どちらにせよ、適正な体重、体温を保ち、ストレスを溜め込まないことが大切です。

まずは健康的な生活を続けるように、そして食事もバランスよく摂ること。

これで順調なサイクルをキープできれば、排卵日を正確に特定することも容易になります。

そして、ベイビーサポートでの産み分け確率もよりアップできることでしょう。

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<
 

男女の産み分けゼリーって、副作用はないの?

ベイビーサポートは、ボーイとガール二種類のゼリーを各々使用することで、

男女いずれかの産み分けサポートができます。

その原理としては、ボーイのゼリーが膣内をアルカリ性に変えることで、

男の子になるY染色体を活性化させ、男の子が産まれる確率が上がります。

逆にガールのゼリーは膣内を酸性に変えることで、

X精子を優位にし女の子を授かる確率を上げるのです。

 

基本的に受精前後の一時期だけ膣内のph値を傾けるだけです。

そのため体に負担になる事もありませんし、もちろん副作用の報告もありません。

ただしその成功率が100%になることはありません。

当然使う事で確率はあがるのですが、高くても80%の確率だそうです。

(ベイビーサポート使用の確率ではなく、科学的の方法を使った産み分けの場合です)

 

もし、それでも「大丈夫なの?」と思われる方は、公式ホームページをご覧ください。

安全性の事も含めて、様々な情報が掲載されていますよ。

>>【ベイビーサポート】公式ホームページ<<